闇パで降臨

パズドラ用。主に闇パでの降臨でどんな風に立ち回ったかを残しておくための記録用のブログ。ほぼマルチ専用

闇パを構築(ロキロード)①

闇パで降臨を攻略第1弾

自分がパズドラを始めるきっかけとなった北欧神シリーズのロキで降臨に挑みます。

といっても現時点でほとんどの降臨をロキで攻略済みなのでそれを踏まえて書きます。

 現在ロキには転生進化まで実装されていて本来なら転生の方を紹介する予定でしたが大半のダンジョンを覚醒の方でクリアしてるのでこの記事では覚醒のほうを紹介していきたいと思います。

f:id:nuru8_pad:20170508030155p:plain

ステータスは画像を見ての通りです。尚、北欧神シリーズには2回の上方修正が行われております。上方修正は以下の通りです。

 

1回目・・・Lスキルの 闇属性の攻撃力が少し上昇(1.3倍) を 闇属性の攻撃力が1.5倍 に変更。

2回目・・・スキルのエンハンス持続ターンを2ターン→ 3ターン に修正。

 

2回の上方修正で性能は上がりましたがまだまだ壊滅級の敵に対してはかなり厳しい戦いを強いられます。主に火力方面で苦労しました。

 

立ち回りとしてはリーダースキルに適応される回復力を生かしてスキルを貯めて突破という流れが理想です。もちろん全ての敵に耐久できるわけではないのでそこは敵を選んで耐久することになりますが。突破方法についてはエンハンス→泥変化で盤面を整えるのが基本的な形になります。

 

相性のいいモンスターについて

仮にLFロキにするとスキル使用時込みで攻撃力が7.5倍、回復力に関しては6.25倍になり盤面に回復泥があればかなり安定した立ち回りが可能です。加えてロキの覚醒スキルの1つである回復泥強化も中々いい仕事をします。欠点としてはHPが少々物足りないことです。いくら回復仕切れてもHP以上のダメージが飛んできたら御釈迦様です。

加えて両方のスキルがエンハンスなことも微妙です。前述にもあるようにエンハンス→泥変化で突破するのが理想なのでエンハンス2つ持ちは悪くないのですが泥変化のスキルも欲しい所です。但しこれについてはアシスト設定で弱点は補強できるので臨機応変に対応するって感じですかね。他にはマルチでゲスト側にも頼ってもいいでしょう。

火力に関しては元の倍率がお察しなので基本的にはエンハンスで誤魔化します。宝石エンハなどアシストさせれば壊滅級の敵を倒せるほどの火力は出せるようになります。

 

以上を理由に基本的にはLF同じキャラで組むのが一般的ですが北欧神に関しては違うモンスターと組むのも全然ありだと思ってます。覚醒北欧が実装された時期はLF違うモンスターをよくみました。最初に覚醒進化したイズーン&イズーナとトールはその数週間後にリューネとサリアが実装されてスキル、リーダースキル共にイズリューネとサリアトールで使って下さいと言わんばかりの相性のいい相方を手に入れました。もちろんロキにも相性のいい相方はいます。それがこいつです。

f:id:nuru8_pad:20170510004431p:plain

覚醒ロキが実装される一ヶ月前にハロウィンガチャで登場したハロウィンロード(通称ハロード)と組ませることにしました。この当時はまだ相方候補となる超究極呂布や覚醒ヴリトラが実装されていなかったためハロードを選ぶことにしました。本来なら呂布ヴリトラと組み合わせた方がダンジョンの攻略もやりやすくなると思います。ならばハロードだけにしかできない部分を上げていきます。

 

  1. LSにタイプ縛りがなくて闇属性ならなんでも入れられるので痒いところに手が届く
  2. スキルが泥変換系でターンも軽くアシストが活かしやすい
  3. 回復力が比較的高め
  4. バランスタイプなので全部の潜在キラーが装備できる

 

まず1についてですが呂布には悪魔タイプ縛り、ヴリトラには悪魔タイプとドラゴン縛りなどがあり闇パのスーパーサブであるエスカマリが入りにくいという欠点があります。アシストでフォローはできますがその点ハロードは直に入れられるしエスカマリが入るだけで火力が底上げできるので火力の低いハロードには大きいです。

次に2についてですが呂布ヴリトラは共にスキルがエンハンスで中でも呂布のスキルターンが11ターンと決して軽くなく尚且つ自分のHPを1にしてしまうという耐久パーティーにとってはかなりのマイナスです。それに対してハロードのスキルは攻撃体制で今の環境だと時代遅れかも知れませんが全く使えないわけではなくサブとの連携で十分に補えますしスキルターンが5ターンと軽めなのでアシストのスキルが使いやすいという長所があります。アシストしたいスキルは陣とか英雄神タイプの変換系がオススメです。

次に3ですが耐久する場面で重要になってきます。ここでは297を振った前提でのお話とさせていただきます。まず呂布の回復が297、ヴリトラが498と高くはありません。対するハロードは780と前者に比べると高めです。なので回復値が比較的高めなハロードは1、2体は回復値は低いがスキルが有用なモンスターを入れるっていうことができます。

最後に4ですが呂布と転生ヴリトラが装備できる潜在キラーは神、悪魔、マシン、回復の4つで特に回復以外の3つは汎用性があるので十分強いです。一方ハロードに関してはバランスタイプが付いているので全てのキラーを付けることが出来ます。中でも前者2体には付けられないドラゴンキラーは刺さる場面が多くてかなり良さげです。但しレーダードラゴンには逆にダメージ無効に引っ掛かりやすいので注意が必要です。

 

以上を踏まえた上でハロードとロキを組めば壊滅級のダンジョンだって攻略ができます。次の記事では火力の出し方と耐久についてお話したいと思います。